岐阜県土岐市妻木町

妻木陶磁器工業協同組合オフィシャルサイト

岐阜県土岐市の南部に位置する妻木町。妻木の陶業の祖といわれる加藤太郎左衛門景重は、妻木城主が元和七年(1621)江戸城書院瓦の製造を江戸幕府より命ぜられるとこれに従事し翌年これを納めたことが知られています。
陶祖作の香炉が崇禅寺などに残されているなど江戸時代に繁栄の広がりを見せています。現在は、27の事業所がそれぞれ工夫をこらし、伝統的な製法や独自の技術を駆使して様々な陶磁器を生産しています。
妻木陶磁器工業協同組合
岐阜県土岐市妻木町961−3

TEL:0572−57−6121
FAX:0572−57−6123

最新投稿

  • 陶磁器生産量 日本一をPR

    【陶磁器生産量日本一の町 土岐市】 妻木陶磁器工業協同組合✖️西陵中美術部 妻木陶磁器工業組合のマスコットキャ …

  • 妻木工組陶祖祭

    令和4年 陶祖祭

    2022陶祖祭が桜咲く中行われました。 コロナ禍により苦しむ我が業界 追い討ちをかける様に原料価格の高騰がのし …

  • 美濃焼新春見本市2022

    新年おめでとうございます。 旧年中は格別の御引立を賜り誠にありがとうございました。 本年も御引立の程、よろしく …